童司カンパニー

狂言師 茂山童司が手掛ける
伝統的な技法をベースとしたコント公演。
現代へのびしっとした風刺を
ふわっとした作風で描くことをテーマとしています。

茂山童司作・演出作品を発表するプロジェクトで、
シリーズ化して一年に一回のペースで定期的に開催していく予定です。
作家としてコンスタントに面白い作品を発表していきたいし、
そういう力を身につけたい。そのための実験と修行の場です。

何をするのか?

「伝統的な技法をベースとしたコント芝居」。
だから次は現代劇の俳優さんが出演するかもしれないし、
基本的に毎回顔ぶれをかえていくつもり。
他にも、例えば自分が好きな現代芸術とか、
全然違うフィールドともコラボレーション
してみたいと思っています。

いろんな笑いの芸能ジャンルでも、狂言は風刺的と言うのが特徴。
例えば夫婦喧嘩とか上下関係とか、
幅広いことが風刺的に描かれる。
題材が幅広いから沢山の人に受けるけど、
ピンポイントの笑いに比べると、笑いの濃度が薄くなる。
それはそれでいいけど、もう少し違う笑いの形もあるんじゃないか
と思っていて、この「ヒャクマンベン」では
狂言ではできない、僕が面白いと思う笑いを見せたい。

なぜコントなのか?

これまでいろんな笑いの
先駆者たちの影響を受けてきたけど、
中でも「ラーメンズ」の影響は大きい。
最初は純粋に面白いと思って観ていたけど、
その後彼らの作品を研究するようになって、
こういうものをつくりたいって素直に思った。

狂言もそうだけど、ただ笑わせるだけじゃない、
きれいだったりかっこよかったりする舞台。
純粋に笑わせるということだけでは、
才能あるお笑い芸人さんたちの芸には敵わないけど、
僕は笑いも含めて「いいものを観たな」と
思ってもらえるような舞台をつくりたい。
それはこれから狂言でも目指していくところだし、
この「ヒャクマンベン」で目指す所でもあります。

アーカイブ

過去の公演はこちら

最新情報

ヒャクマンベン+マリコウジ

コント公演「ヒャクマンベン」と
新作狂言の会「マリコウジ」の二つが楽しめる会が
3月31日(日) 多治見市文化会館にて開催決定!

詳細はこちら